目標を持たせることは明日につながる

「働く」ということにも、種類があります

目標をもって働くことと、目標を持たずに働くことには、大きな違いがあります。それは、どれだけ結果に対して達成感を持てるかということです。小さな目標をたてて少しずつ達成していく喜びは、誰しも一度は感じたことがあるのではないでしょうか。例えば、ゲームの攻略です。一度に進められるゲームの物語は限られていますが、経過を楽しむとともに、ゲームクリアの達成感を得るために、日々コツコツと進めていくはずです。
二十代後半から三十代は特に、自分のキャリア設計に関して悩みやすい時期ですが、裏を返せば、それだけ仕事にひたむきで真剣ということだと思います。だからこそ、ただお金を稼ぐために働くよりも、目標をもって前向きに仕事に取り組む方が、社員のやる気につながり、仕事の効率も長い目で見れば大きく変わってくるのです。

社員一人一人の目標が、会社の明日をつくります!

そのためには、社員一人一人に目標を掴むきっかけを与えることが重要です。忙しい毎日の中で、一度立ち止まって自分の将来について考えてみる時間を与えるということ。その中で自分が働く会社に対して理解を深めさせ、社内での交流を促進することによって、日々の仕事に対する姿勢が大きく変わります。
人は「考える生き物」です。明確な目標は、毎日のやる気をアップさせます。最初は小さな目標から、少しずつ達成することを繰り返していくのがコツです。一つの目標を達成して小さな成長を感じたとき、そして、いつの間にか、過去の地点から遠くまで進んでいたことに気が付いたときに、社員個人だけでなく、会社の成長を実感できるはずです。目標の明確な設定と達成の繰り返しは、個人の明るい未来につながっているばかりか、その会社の明るい将来へとつながっています!
会社の輝かしい明日は、社員の手に委ねられているのです。