人気のない社員研修

マナー研修は人気が低い場合もあります

社内でのマナーを良くするために、社員にマナー研修を行う企業も多いのですが、その研修内容は社員から不評な事も珍しくありません。
接客業であれば接客マナーを学ぶために、マナー研修に進んで参加してくれる人も多いのですが、その他の業種では大違いになる場合もあります。
製造業の仕事をしているのに、社員研修でマナーを教え込まれている人は、その時間をスキルを磨くために使いたいと考える事が多いです。
社員同士でマナーを高めあう事も重要ですが、本当に社員が学びたがっている事をしっかりと意識しながら、社員研修の内容を決めなければいけません。
どうしてもマナー研修を社員に受けてもらいたいのであれば、実生活にも役立つ研修だといった事をアピールしておきましょう。

リーダーを育成したいと思った際の注意点

数ある社員研修の中でも、リーダーシップを鍛える研修は人気が低いと評価される事が多々あります。
プロジェクトのリーダーになりたいわけでもないのに、組織牽引力育成プログラムに参加させられた事で、気持ちが滅入ってしまう人も中にはいます。
社員研修を行う際には、参加者がどういった立場を目指しているのか意識しなければ、評価の低い研修内容のまま終わってしまう事になりかねません。
組織牽引力育成プログラムで学習してもらう際には、将来的にプロジェクトリーダーになりたいと考えている、向上心が強い人だけを参加させる事もおすすめです。
どうしてもリーダーシップの強い社員を増やしたいのであれば、組織行動力育成プログラムなどを学んでもらい、自分の組織に与える影響力を知ってもらいましょう。
自分もリーダーに向いていると気付いて、そこで初めてプロジェクトリーダーを目指してもらえます。